展覧会情報


2019.12.3 - 12.4

"signifiant=signifié"

期間 : 2019年12月3日(火) 〜 12月4日(水) 

開館時間:

3日は13:00〜19:00まで

4日は11:00~17:00まで

※入場無料

 

 

知識からの解放。

取り巻くものから自由になりたい。

望むものから自由になりたい。

義務から解放されたい。

何をすべきか言い続ける社会から自由になりたい。

自分の知っていることから自由になりたい。 

 

既存の概念や正しいとされている定義は

私たちを幸せにしてくれるのだろうか。

 

私たちには多くの道がある。 

しかし、道があることを知るには常に苦難を強いられる。

知識から解放されることは、あなたをより幸せにする。

 

 

今回、私たちを取り巻く様々な事柄を取りあげ、

新たな「選択肢」を提供する場として、

アートワーク作品の展示、販売を行う展覧会を開催する。

多様な概念へと触れるきっかけになってもらえばと思う。

 

 

 

Free From Knowledge

I want to free from what I am surrounded by.

I want to free from what I desire.

I want to free from my obligation.

I want to free from the society that keeps telling me what I have to do.

I want to free from what I know. 

 

We are living in the generation that has lot of path. However, it always require some courage to see "the path" is exist.

 

"Free from what you know, it makes your life better."

 


2019.12.5 - 12.8

皮膚の内側

期間 : 2019年12月4日(木) 〜 12月8日(日) 

開館時間:5日は 13:00〜18:30まで

                  6日・7日は 11:30〜18:30まで

        8日は 11:30~17:00まで

※入場無料

 

表層からは見えない、隠したい自分を知るために描きます。

そして、自分と他者を見つめ、

その内側に流れるものの存在を感じながら、

生について考え続けています。

 

 HP : https://mochizzki.tumblr.com

 


2019.11.19 - 11.24

これまでの展覧会


 増田 正昭 個展  ー 被曝2世の思いを ー

期間 : 2019年11月19日(火)〜 11月24日(日) 

トークイベント : 11月23日(土)14:00〜15:00

開館時間:11:00〜19:00 (最終日17:00迄)

※入場無料

 

―「被爆者の肖像画で被爆体験を語り継ぐ

  被爆2世の思いを込めて」の第2弾 ―

 

昨年は、京都造形大学大学院修了を記念して開きました、

それを踏まえ今回二回目の個展を開きます。

 

今年も被爆者8人対話を重ねて・・

被爆者生きざま肖像画で思いを受け継いでいきます。

 

会期中に、23日 モデルとなった被爆者も参加する

ギャラリートークを計画しています。

 

被爆2世の影響か? … 

17年前からうつ病、脳梗塞の後遺症に悩まされ、

リハビリとして絵を描き始めましたが、

その原点として私の癒しの空間を絵にしました。

今年も取材して原爆ドーム周辺の風景画を描いています。

 

これからも絵を通して発信し、

描き続けていきたいと思います。

ご高覧くだされば幸いです。

 

 

 

 

 

【 増田 正昭 プロフィール 

 

  1952年  広島市で生まれる(被爆2世)

  2002年  うつ病患いリハビリ兼ねて絵を描き始める、絵画教室などで学ぶ

  2007年  新美公募展  出品数点  以降 毎年数点出品

  2008年  新美会員展  出品数点  以降 毎年数点出品

  2008年  反核 平和のための小品展  出品数点  以降 毎年数点出品

  2010年  日本・コリアン友好美術展  出品数点  以降 毎年数点出品

  2010年  京都造形芸術大学通信教育部洋画コース 入学

  2012年  関西美術院展    出品数点  以降 毎年数点出品

  2012年  汎具象公募展 入選

  2013年  3.11 miniature ART  出品  2016年度まで毎年出品

  2015年  京都芸術大学通信教育課程卒業生・修了生 全国公募展入選

       2015年  大阪クラブOBG絵画展出品   以降 毎年出品

       2015年     京都造形芸術大学通信教育部洋画コース 卒業

       2015年  京都造形芸術大学通信教育部大学院 入学

  2016年  庭石会  出品 以降 毎年出品

  2017年  京都造形芸術大学通信教育部大学院修了

  2017年  京都芸術大学通信教育課程卒業生・修了生全国公募展 出品

  2018年  「中・右京健康友の会文化のつどい」被爆者の肖像画3点出品

  2018年  16ing会 出品

  2018年  個展   


2019.11.15 - 11.17

 友禅Marche

期間 : 2019年11月15日(金)〜 11月17日(日) 

開館時間:

15日は13:00〜19:00まで

16日は11:15~19:00まで

17日は11:15~17:30まで

※入場無料

 

京友禅の次世代を担う、

若手職人の技術が詰まった小物から帯まで、

可愛い作品がたくさん展示販売されます。

気軽に京友禅を楽しんでみませんか?


2019.9.27 - 9.29

展示会「Siroop」

期間 : 2019年9月27日(金)~29日(日)

開館時間:12:00~19:00  

※入場無料

 

Siroop、しろっぷ、シロップ。

あなたはシロップから何を想像しますか?

透明、甘い、コーヒー...

私たちの写真は透明感、甘みだけではない

様々な感情も表現しています。

色々な「シロップ」を感じとってもらえるとうれしいです。

お気軽に遊びに来てください。

 

Instagram:

@pococo_26       @__.akii8


2019.9.20 - 9.25

展示会『脳は心を妨げる』

期間 : 2019年 9月20日(土)〜9月25日(水) 

開館時間:1:30~19:30  

 

※入場無料

 

精華大学三回生五人が頭の中の宇宙をテーマにそれぞれの発想で表現を繰り広げています。

未熟ながら世界観といゆうものをしっかりと持ち、訴えかける。刺激の展覧会です。

 

出展作家

 

田邊 咲季 (テキスタイル)

サイサニット・ウサバディ (テキスタイル)

鈴木 大晴 (テキスタイル)

津村 侑希 (洋画)

田中 玲奈 (洋画)

 

 


2019.9.14 - 9.16

写真グループ展『#7』

 

7名の個性的な写真家が集まり、

それぞれの写真表現を行います

「#(ハッシュ)」には

「細切れ」「寄せ集め」といった意味があります

各々の視点を、各々の自由な感性と

発想で切り取りました

 

 

 

 

 

 

 

 

出展作家

 

日下部 祐

小塩 睦子

comayu

秦 恭介

バンバ トモミ

松村 シナ

山下 純平

 

ホームページURL、インスタアカウントなど

http://torico.petit.cc/

 

■期間

2019年9月14日(土)~16日(月・祝)

 

■時間

 11:30~19:30   最終日 18:30閉場

 

■料金

無料

 

2019.8.3 - 8.4

天野唯子 個展

「階層と星と、いまミライ。」

Strata, Planets and Vicissitudes. Yuiko Amano Solo Show 2019

期間 : 2019年 8月3日(土) 〜 8月4日(日) 

開館時間:11:30〜19:30 (最終日は18時まで)

※入場無料

 

コンセプト: 

コンテンポラリーアートの世界で作品製作をする上で、「自己」・「他者」・ 「今」を結びつけることは、非常に重要だと考えられます。

今回の展覧会では、 1990年代頃から世界的に問題視されている気候変動とその対策技術や、現在注目が 集まっている人工知能(AI)や宇宙開発、ロボット工学などの科学技術に注目し、それらが私たちが存在する社会とどのように関わっていくのかということを考察しな がら作品制作に取りくみました。

また、自身の原点的なテーマである、「階層社会 におけるマイノリティ」という立場についても考察を進めています。 日本の古都京都での展示ということで、「未来の古都」をテーマにしたアートプロジェクトにも、前述の科学技術の進歩と合わせて取り組んでいます。

 

 

物販 : 

作品販売、ポストカード販売あり

 

Yuiko Amano :

ロンドンを拠点に活動。

イギリスの芸術大学院ロイヤルカレッジオブアートに在学中。

HP : https://www.yuikoamano.co.uk


2019.7.20 - 7.26

「是物非物」二人展

WEIYI & WUCHENGYU  Exhibition

期間 : 2019年 7月20日(土) 〜 7月26日(金)

開館時間:11:00〜19:00

 

中国の言葉の中にある『是物非物』とは

「ものに見えたが、ものに見えない」の意味です。

動物と違って意識を持っている私達にとっては現実世界のほかに、心象世界も同時に存在しています。

それによって意識をもっていない自然に存在しているものでも

意識や感情をもっているように見えます。

 

心象世界が存在しているおかげで想像すること、夢を見ること、連想すること、自分の存在や自然世界を考えることができます。

人生ほとんどの時間では、私たちは無意識に心象世界を楽しんで、入り込んでいます。

それは誰も見えない自分しか属さない、秘密の空間と時間です。

 

今回の『是物非物』二人展で二人が持っている

秘密の時空を

シェアしたいです。

そして、ご自身が持っている「秘密」と繋がったり、重ねたり、共感したりすることができればうれしいです。

 


2019.4.12 - 4.28

KG+ 2019  「写真新世紀 展」

New Cosmos Of Photography exhibition

ソン・ニアン・アン、佐々木 香輔、デレクマン、キム・キュンボン、肥後 亮祐|写真新世紀[第41回公募]受賞選抜 展

Song-Nian Ang, Kyosuke Sasaki,etc

期間 : 2019年 4月12日(金) 〜 4月28日(日)

開館時間:11:00〜19:00


2019.4.30 - 5.5

インスタレーション・展覧会Room

井上 実奈美、駒原 麻美、寺田 駿志、中島 涼

期間 : 2019年 4月30日(火) 〜 5月5日(日)

開館時間:11:30〜19:30  ※最終日は17:30まで

※入場無料

 

皆さんは、『Room』という言葉の意味を知っていますか?

多くの人が「部屋」と答えるのではないでしょうか。

 

日本語で「部屋」とは家の中を幾つかに仕切った「間」や「室」を意味します。

しかし、英語においての『Room』とは、「部屋」としての意味だけではなく、「空間」や「余地」、ときには「人」の意味を持ちます。私たちは日本語と英語の「部屋」の捉え方の違いに着目し、『Room』の持つ「空間」の意味を日本語に転換することで、

発想の新たな可能性とデザインプロセスのヒントを得ました。

 

一人部屋=一人空間、子供部屋=子供空間、衣装部屋=衣装空間、仕事部屋=仕事空間…。

このように「部屋」を「空間」として考えることで、部屋の持つ仕切りは消え、

新たに発想された言葉の意味に奥行きと広がりを想像できるのではないでしょうか。

 

デザインを学ぶ私たちはこの考え方を元に、身近な部屋の存在を見直し、皆同じ空間にいることを想起させ、

仕切られていたもの同士の繋がりを見出す試みとして展覧会『Room』を開催いたします。


2019.3.22 - 3.24

写真展示 「Digi*Photo! 春季写真展

京都大学写真サークル

期間 : 2019年 3月22日(金) 〜 3月24日(日)

開館時間:11:00〜19:00

※入場無料

 

Digi*Photo!は、京都大学を中心に活動している、京都の大学生によるデジタル写真サークルです。26 名の部員による 2018 年度の集大成となる力作を展示致します。

ポストカード販売も行っています。

 

公式 HP :

https://digiphoto.portfoliobox.net

 

インスタ : https://www.instagram.com/digi_photo_pr


2019.3.14 - 3.16

アート展示 「YamaAji展」

ajisa・山田 朔也

期間 : 2019年 3月14日(火) 〜 3月16日(土)

開館時間:11:30〜19:30 (最終日は19:00まで)

※入場無料


2019.2.10 - 2.17

日本画展 「しらぬみ」

監物 紗羅・幸山 ひかり・清水 葉月

期間 : 2019年 2月10日(日) 〜 2月17日(日)

開館時間:11:30〜19:30 (最終日は18:00まで)


2018.12.22 - 12.23

演劇

「思い出したくもない思い出たち」

 

日程 2018年12月22日(土)・23日(日)

 

テキスト・構成・演出 : 市川太郎

出演 : 勝浦大典 / 神田真直(劇団なかゆび)/ 相馬たをり / 涼花

制作:岡田真太郎

演出助手:田岡真路(劇団西一風)

制作補:栗田知佳

 

お問い合わせ omoidetachi.yoyaku@gmail.com / 090-8160-7122


2018.10.4 - 10.8


2018.10.30 - 11.5

 

姉弟展

「革工芸に魅せられて」岡部育子

「一木作りの黒壇の根付」武田英昭

 

期間 : 2018年 10月30日(火)〜 11月5日(月)

時間 : 11:30 〜 18:30 ※最終日は16:00迄

入場料無料

 


2018.9.22 - 9.24


2018.8.26

ミナハラリョウ

グラフィックフォトアート展

A TIME michibiki〜時間の導き〜』

  

《 開催日時 》

2018年 8月26日  11 : 30 〜 18 : 30

※内覧無料(ご自由にご覧いただけます。)

 

《イベントコンセプト》

ミナハラリョウが創る、デジタルアート

「グラフィックフォトアート」の作品展を、

京都で開催することになりました。

 

個展テーマは「時間の導き」。

人々は無限に刻み続ける「時間」に導かれて、

一日一日を過ごしているのでは

ないのでしょうか。

 

止まることのないその時間は、

私たちをどんなカタチで、

どのような世界へと導いてくれるのか...。

それは、その人の願いや想いによって

決まるのかもしれません。

 

ミナハラリョウの「導き」の

世界をグラフィックフォトアートの

作品にのせてご案内いたします。 


2018.8.4 - 8.7


2018.7.20 - 7.23

T-ree 『Reviving Traditions

- A story through Garments by T-ree -

 

 4DAYS LIMITED SHOP 

@Kyoto GALLERY Ann

 2018 / 7 / 20(Fri)〜 2018 / 7 / 23(Mon)

11 : 30 〜 19 : 30

 

ABOUT
カットソーにフォーカスしたブランド

"T-ree''の、4日間期間限定の展示販売会を、京都GALLERY Annにて開催致します。

 
T-reeは日本ならではの伝統文化を大事にしています。

世界中で異常気象が引き起こすニュースが絶えません。私たちは、たとえこのような環境下であっても大切な時間を、自分たちらしく過ごしたいと思う生き物です。そこで、T-reeは、環境への意識を持ちながら、機能性を求め、我慢するだけでなく、少しでも快適に適応できるようなカットソースタイルを中心に、ファッションを楽しむ物づくりを目指し、提案します。

 

T-ree cotact : info@t-ree.jp
T-ree adress : #403 2-22-18 Ebisu Shibuya ku Tokyo Japan 〒150-0013


2017.12.9 - 12.10

CAMPO POPUP SHOP in KYOTO

京都にてCAMPO様の期間限定ショップを2日間OPEN。 

CAMPO様がセレクトした雑貨やアパレルラインCiottoの新作も販売。また同時に、ILCAMPO代表、森下様の個展も開催。

CAMPO ライフスタイルショップ ⇒ https://campo-lifestyle.com/


2017.11.22 - 11.26

TIME MACHINE EXHIBITION・タイムマシーン展

古くから受け継がれる技術をベースにした京都の伝統工芸品と、現代的なインテリアデザイン。この2つを京都でデザイン事業を展開する(株)TIME and DESIGNが「タイムマシーン」となってつなげた。ラグジュアリーで上質なインテリア空間の中で伝統工芸品を魅せる展示会。

タイムマシーン展 HP ⇒ https://campo-lifestyle.com/http://timeanddesign.info/time-machine-exhibition/

主催:株式会社TIME and DESIGN / 共催:合資会社河合旗染工場・あおいとりからのおくりもの